生活の変化によって変わる家

独身から家族まで、世帯には様々な形式があります。その世帯の変化によって、家も変化しなければなりません。住宅を賃貸ではなく、購入しようと思ったきっかけも状況の変化に伴うことが多いです。

家を作ろうと思ったきっかけベスト3

no.1

子供の成長

最も多い家を購入するきっかけが子供に関することです。子供が増えて一人の部屋が必要になったり、成長や将来の進路が見えてこれば住宅を購入しても急な変更が少なくなったりするので、検討する機会も多いです。

no.2

親との同居

環境の変化は自分以外にも親などの環境変化が影響する場合もあります。同居の際には二世帯住宅にしたほうがプライベートを保つことができるので、家を新しく購入するきっかけになります。親が高齢になる前に検討する人も多いです。

no.3

結婚

年齢によって住宅ローンの組みやすさが変わってくるので、早めに住宅を購入したいと考えている人は、多くが結婚をきっかけにするようです。夫婦で返済をするならプランも変わっていくので、計画しやすくなるのも理由です。

注文住宅を作れば人生が変わる!将来のために建てよう

積み木の家

住宅を生活によって選ぶ

生活環境が変わるごとに住むところも考えなければなりません。状況によって選ぶ基準が変わってくるので、もし大阪や京都で注文住宅の購入を考えているけれど、どの時点で計画すれば良いのかわからない人は人生設計から始めましょう。
結婚や親との同居など、家族構成が変化することの他に、転勤や進学も住宅購入のきっかけの一つになるでしょう。また、健康被害に悩んでいるなども重大なきっかけとなります。

室内

健康に配慮した家にする

賃貸住宅や建売住宅では、建築時の建材を選ぶことができません。もしアレルギーやシックハウス症候群に悩んでいる人は、建売でも建材に気を付けて設計をしている家を選ぶか、専門のメーカーに注文住宅を建ててもらいましょう。専門のメーカーであれば、湿度のコントロールや換気に気を付けた設計にしてくれます。

健康になれる住まいの条件

本格的に健康に気を付けた住まいづくりをしているメーカーの工夫もチェックしておきましょう。イオンコントロールや、揮発性有機化合物を含まない建材を使っているのでアトピー症状の発症を防ぎます。

久喜市で注文住宅を買おう

[PR]
スウェーデンハウスの申し込みが簡単
住みたいところが見つかる

良いところを探そう

注文住宅は一つの住宅購入方法だと考えておきましょう。他にもマンションや戸建てを比べたり、分譲住宅と注文住宅、中古新築を比べたりといろんな方法で住宅購入はできるのです。一つ一つの良さを知り、検討するべきです。

広告募集中