注文住宅の外観を決めるときに参考にしたいデザインの種類

注文住宅の外観を決めるときに参考にしたいデザインの種類

模型

歴史や建築家によって変わる

注文住宅では好きなデザインを設計や外観に反映させることができるのがメリットの一つです。家のデザインは文化的な背景も大きく関わってきますので、国や地域によって変わります。また、有名な建築家が家の考え方を変化させることもあるので、建築家の手法が反映されるデザインもあるのです。

一軒家

木を使った建築は和風モダンと北欧風

滋賀で温かみを感じられるような外観に注文住宅を作りたいときには、木材または木材調の建材を使って建築されることが多いです。
木が映えるデザインといえば日本風や和風モダンがあります。和風モダンは洋のテイストも取り入れられているので、現代的な作りにも適しています。北欧風もとても温かみのあるデザインにできますが、より重厚な雰囲気がだせます。

設計図

シンプルなデザイン

外観が箱のようになったデザインの家も大阪に増えてきていますが、これはシンプルモダンに分類されます。周囲の家と外観が全く違うので、落ち着いた色味でも目立つデザインです。
それほどモダンでなくてもいいけど、シンプルにしたい人にはアメリカンテイストがおすすめです。直線で構成されているが開放的、ウッドデッキも似合う家です。

デザインを考えるときに参考にしたい著名な建築家

  • ル・コルビュジエ
  • フランク・ロイド・ライト
  • ミース・ファン・デル・ローエ
  • アルヴァ・アアルト
  • アントニオ・ガウディ
  • オスカー・ニーマイヤー
  • 安藤忠雄
  • 伊藤豊雄
  • 隈研吾
  • 妹島和世

広告募集中