地震に強い家を手に入れるための対策を行なう

大切な家を守ろう

家は家族の安全を守ってくれる心強い味方になりますが、大きな災害があれば家が耐えられないことのほうが多いです。建設する土地によって気を付けておいたほうが良い条件が変わりますので気を付けましょう。

家はこんな災害に見舞われる

  • 洪水
  • 地盤沈下
  • 火災
  • 地震
  • 液状化
  • 台風
  • 大雪
  • 塩害

地震に強い家を手に入れるための対策を行なう

模型

中古も検討しよう

安全なところに家をもちたい願いがあるなら、加古川にある中古戸建ての家も注目です。中古であれば、長い間その土地に建ってきた実績があるので、ある程度安全性が確認できるでしょう。
また、周辺の土地が開発途中ではないことが多いので、土地柄がチェックしやすいのも利点です。

一軒家

これから建てるなら機能が付けやすい

中古戸建てでもリフォームをすれば災害に強い家にすることができます。しかし、新築ならもっとやりやすいといえるでしょう。
地下の免震構造といったものは、新築だからこそ付加しやすい機能なのです。加古川で家の検討をするなら新築と中古両方の特徴を知るべきです。

模型

地震に強い家を作る方法

日本では地震の発生が多いので、地震に強い家を作れば安心して長く暮らせる家にできます。地震に強い家にする工夫としては、特別な工法で建てる方法があります。
WPC工法も注目されており、これは構造躯体を梁や柱だけではなく、壁でも支えている特徴があります。そのため揺れがあっても変形しにくくなるのです。

家族

共振しない工夫をしている

地震で家が壊れる条件は、揺れが構造に影響するからだけではありません。建物の構造次第では地盤の共振によって倒壊しやすくなる建物もあるのです。
地震に強い家はこういった災害の特徴や建物の条件を併せて研究し、特別な工法で作っているのでその内容を確認してみましょう。

注文もできる

災害対策がばっちり施工されている家は、建売やデザインが決まっていることも多いですが、注文住宅を作れることもあるので相談しましょう。機能性だけでなく、デザインにもこだわりたい人にぴったりです。

広告募集中