注文住宅で大事な家の間取りを決めるには手順やコツがある

注文住宅で大事な家の間取りを決めるには手順やコツがある

インテリア

実物を見てみないと分からない

愛知で注文住宅を建てたことのある人の失敗談をチェックしてみると、興味深いことが分かります。ちゃんと時間をかけて間取りを決めたにも関わらず、実際暮らしてみると失敗したと感じる点があるというのです。住宅は建ててしまったあとは取り返しがつきませんので、コツを知りながら後悔しない設計をしましょう。

住宅

水回りの決め方

水回りは配管の関係もありますので、できれば他の間取りと一緒に決めておいたほうがいいです。配管しやすい設計にして、工期短縮できれば余計な費用がかかりません。
先ではなく一緒に水回りを考える理由は、生活動線に合ったものにしなければ水回りがコンパクトにできても使い勝手の悪いものになってしまうからです。福岡の業者も一緒にコストカットも相談しながら決めていきましょう。

家族

収納を優先して考える

先に決めておいたほうが良い間取りは収納です。荷物の量やその種類を考えて配置すれば、機能的な家に設計できるでしょう。
荷物といっても頻繁に出し入れするものから、年に一回も取り出さないものまでいろいろです。この機会にいらないものは捨てるのも良いですが、取り出す機会が少ないものは床下や天井に収納場所を作るのも一つの方法です。

必ずつけたい!家の機能ランキング

no.1

食器棚

家を作るときには収納が必ず必要とされるので一位です。その中でも食器棚はキッチンの使いやすさを決定づけるものなので、注文住宅を作ると同時に欲しいと考える家庭が多いです。収納の多さと同時に耐震性も求めたい部分です。

no.2

浴槽

浴槽はあまり南国では重要視されないこともありますが、やはり毎日の入浴に必要なので必要不可欠な機能であるといえます。浴槽を別に購入するよりも、建設時につけてしまったほうがはるかに効率も良いですし、保温性のあるものなら光熱費も軽減できます。

no.3

室内物干し金具

近年では外に洗濯物を干せないところも増えてきているので、徐々にこの室内で洗濯物を干すのに便利な金具を家の中に取り付ける世帯も増えています。浴室に乾燥システムを導入するよりもコストが安く済ませられます。

広告募集中